たまりば

  日記/一般 日記/一般  その他 その他

栄養素を遮断してがん細胞の増殖を抑制できることが発見される
ご馳走

最近では様々な治療法が確立されてきて早期に発見されれば、がんと言う病気を治療する可能性が広がってきましたが、新たにブドウ糖(グルコース)とアミノ酸の一種であるグルタミンという栄養素を遮断することで、がん細胞の増殖を抑制できることがドイツの研究グループによって発見されたのだそうで、癌に対する新たな治療法として期待されているようです。

がん細胞が盛んに諸費しているブドウ糖(グルコース)を栄養素となるのを遮断するグルコース輸送体阻害剤を投与したところ、がん細胞だけに作用し増殖を抑制し、他の細胞への影響はなかったのだそうです。

更に、アミノ酸の一種であるグルタミンの代謝でもがん細胞が増殖することが分かって来ているのだそうで、それを栄養素にできないように阻害するグルタミン代謝阻害剤もグルコース輸送体阻害剤と一緒に併用することで、もっと効果的にがん細胞の抑制が期待できるのだそうです。

がん細胞へのブドウ糖(グルコース)とアミノ酸の一種であるグルタミンという栄養素を遮断することで、44種類ものがん細胞の増殖を抑制が期待できるのだそうで、該当する癌を早期に発見できなかった場合でも、ある程度成長を抑えることができれば、違うアプローチでの治療の希望もあるかもしれませんし、何らかの形でプラスになることが期待できそうです。



  • Posted by triteukt at 11:18

    削除
    栄養素を遮断してがん細胞の増殖を抑制できることが発見される